記事一覧

お店の実態調査

店舗

調査方法とその内容

お店の運営などが正常に行われており、お客に満足のいくサービス提供が行われているか確認するための方法に、覆面調査の活用がある。覆面調査は、依頼主の会社の依頼を受けて、一般客の振りをしてお店やサービスなどを利用し実態調査するものである。依頼主の会社が覆面調査員としてアルバイトなどを雇い、指定のお店に行かせお店の中をチェックすることやサービスを受けてその結果を報告させるということになる。会社の人が直接お店をチェックしに行く場合には、お店側は本来の姿を出していない可能性が有る。それは、本部社員などがお店を視察に来るということがわかっていたり、本部社員が来たという場合には良く見せようとするためである。覆面調査は、一般の消費者と同じかたちでお店に出向き、お店側にも覆面調査が入ることは知らせずに行われるため、より本来の状況を確認することができる。覆面調査を利用する場合には、覆面調査員であるということをお店の従業員などに知られることなく行う必要がある。知られてしまうことで、本当の状況の調査ができなくなるためである。その為、覆面調査員を雇う場合には、事前に注意点の説明や知られることなく調査するためのアドバイスや訓練などを行なわせることも重要になる。さらに、覆面調査員に対しどのような項目をチェックしてきて欲しいかを明確に提示し、チェックリストに沿ったチェックを行わせることも必要である。それにより、画一的に調査できる。