健康的な身体

善玉菌と悪玉菌の関係

皆さんは腸内環境改善するために、何かしていることはありますか。 腸内環境が良くなると、体が健康になるだけでなく、見た目が若返ることが多いというのです。 デトックスという言葉をよく聞きますが、人間の体は毎日たくさんの毒素にさらされています。排気ガスやタバコ、食品添加物や残留農薬などの外からのものだけでなく、体内で作られる毒素というのが悪玉菌なのです。 悪玉菌は、腸内で腐敗発酵を促進させ毒素を出します。その毒素が血液に混ざって、全身をめぐり体のあちこちで悪さをします。そのことにより、老化が早まって、様々な病気のを引き起こすのです。 腸内環境改善するためには、この毒素を体の外にきちんと排出する必要があるのです。 腸内の細菌というのは、総量がほぼ一定の数なので、善玉菌を増やせばおのずと悪玉菌が減るという仕組みになっています。 体内にある毒素が外に出るように、善玉菌を増やして腸内環境改善することが、とても重要になるのです。

腸内環境改善するために食べるもの

腸内環境改善するためには、一体どのようなものを食べれば良いのでしょうか。 まずビフィズス菌が腸まで届くタイプのヨーグルトを選ぶと良いのでしょう。しかし腸内環境は人それぞれなので、自分に合ったヨーグルト選びをすることが大事になります。 腸内環境改善の手助けになるのが食物繊維です。食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。 不溶性食物繊維は、大豆やきのこ、さつまいもなどです。 水溶性食物繊維は、海藻や納豆、アボカド、こんにゃくなどです。 この2種類の食物繊維を、バランス良く摂ることが腸内環境改善につながります。 その他にも果物は、りんご、バナナ、プルーンがおすすめです。 また発酵食品は善玉菌が豊富に含まれているので、毎日摂るよう心掛けましょう。 これらの食べ物は全て身近なものばかりなので、ぜひ日々の食事に取り入れて腸内環境改善をしていきましょう。