記事一覧

お店を良くするための調査

男女

調査設計や課題解析も重要

接客やサービス・商品構成・クリンリネスなど、店の現状を把握して改善に役立てるためには店員や経営者だけでなく利用客の視点が欠かせません。来店客へのアンケート実施には手間もかかりますが、多くの店舗では覆面調査と呼ばれる調査代行サービスを利用して店舗改善への課題を見つけています。調査会社から派遣される覆面調査員は一般の主婦が務めているケースも多く、従業員に調査だと気づかれないよう来店客を装って巧妙に調査が行われます。普段よく利用する小売店や飲食店・美容サロン等の店を主婦の立場から率直に評価したレポートが、店舗の改善点を発見するための貴重な資料となるのは間違いありません。このような覆面調査を実施するに当たっては、調査会社ごとに異なる料金を重視しがちになるものです。確かに調査をできるだけ安く実施するに越したことはありませんが、調査の質やレポートのわかりやすさという点も調査会社を選ぶ上での重要な選定ポイントとなります。登録調査員の数が多い調査会社は全国の店舗に対して覆面調査を効率的に実施できるため、地方の店でも安心して依頼できるものです。その場合でも店のさまざまな事情に合わせて調査設計をカスタマイズできる調査会社を選べば、有効な改善課題も見つけやすくなります。覆面調査員の質は登録調査員の数以上に重視されるため、主婦のアマチュア調査員に対してもしっかりとした研修を実施している調査会社は信頼性が高いものです。覆面調査実施後には調査員からのレポート提出を受けて本部が調査報告書を作成しますが、店舗に最終レポートが提出されるまでの日数にも調査会社によって差が見られます。以上の点を踏まえ、覆面調査実施の際には料金だけでなくサービス内容や調査の質も事前に検討してから依頼することが大切です。調査会社の中には調査レポートに独自解析を加え、課題だけでなく店舗の強みまで発見してくれるところもあります。