症状を緩和する

美肌を保つのに必要な腸内環境改善

お腹がゴロゴロしたり、便秘が続く場合は腸内環境改善をすると、それらの症状が緩和されることがあります。 元々、ガスがたまりやすい腸の形と言うものもありますが、多くの場合善玉菌の動きがあまりよくなく、悪玉菌が優勢になってしまい腸内にガスがたまってしまいます。その結果、腸のぜん動運動も悪くなってしまい便秘を引き起こします。 便秘は、女性にとって大敵です。特にお肌には悪い作用があり、吹き出物が出たりすることもあります。よって、腸内環境改善を行うことはイコール美肌を保つことにも繋がっていくのです。善玉菌の運動を活発にし、老廃物を出しやすくする環境を整えることで、便秘を解消し、美肌を保つことが可能となります。

美味しく美しくお腹をキレイに

腸内環境改善には、ヨーグルトに入っているビフィズス菌が有効です。しかし、ビフィズス菌にも活発に運動しやすい温度があります。多くの人はヨーグルトを冷蔵庫に入れて保存します。しかし、ビフィズス菌はあまり冷たいところに保存しておくと活動が止まってしまいます。そのため、冷蔵庫から少し出して常温にしておくとビフィズス菌がうまく動いてくれます。 また腸内環境改善には、オリゴ糖も効果的です。オリゴ糖はコーヒーやミルクに入れて飲むことも可能ですが、効果的な使い方としてヨーグルトに入れると、相乗効果がありビフィズス菌の活動を助けてくれます。オリゴ糖は、自然な甘みもあるので、美味しく腸内環境改善を行うことが可能です。